≪研究≫多汗症に隠れている病気には要注意

常に靴下がにおっているのは注意が必要です。そのほかには衣類の脇の下に汗染みがよくできる場合です。暑がりだから汗が多いと思い込んでいる人もいますが、中には病気によって汗が大量に出ていることもあります。多汗症に隠れている病気には要注意です。糖尿病の人が大量に汗をかいた場合には低血糖に陥っていることがあります。糖尿病の持病がある人は意識を失わないうちに、できるだけ早く糖分を補給する必要があります。また、脳卒中によって発汗調節機能が障害を受けた可能性もあるため、脳卒中の後遺症がある人は、一度、専門医に診てもらった方が安心です。肥満傾向にある人も心臓に負担がかかりすぎているため、汗を多くかくことがあります。感染症にかかった時も、大量の汗と微熱を伴います。いずれにせよ何らかの傾向がある人は、注意が必要です。わきの下の多汗症の場合には、汗染みができるだけでなくそこに黄ばみができるようであればワキガも併発していることがあります。ただし制汗剤などによっても生地の変化が起こるため100パーセントそうであるとは限りません。一つの判断基準と捉えて下さい。わきがと多汗症を併発している場合は、においは当然強くなります。

粗大ゴミ 千葉 料金

ブランド品高額買取してもらっちゃった☆

疲れないパンプス

大阪の専門医に診断してもらったら認知症だと言われました。